Skip to content
  1. >
  2. >
  3. 老老介護・認認介護とは?
老老介護のイラスト

老老介護・認認介護とは?

介護の問題

高齢化社会を迎えたことで介護の問題が深刻化しています。
自分の両親や配偶者の両親、介護をする対象も様々です。
介護をする期間も長期間しているためその負担も大きくなっています。

中でも特に深刻な問題が「老老介護」と「認認介護」です。
ここではこの2つの介護の特徴と対策を紹介していきます。

老老介護とは

老老介護とは65歳以上の高齢者が高齢者の介護をすることです。
具体的には65歳を過ぎてから自分や配偶者の両親、祖父母といった人の介護をしたり、高齢の妻が恒例の夫の介護をしたりする状況を指します。
医療技術が発展したこと、栄養状態が良くなったことから平均寿命が伸びたことが原因の一つです。

介護をするにあたっては介助をする場面も多いですから体力もかなり要します。
そのため高齢になっての介護はかなり負担になるものです。
現状、在宅介護をしている世帯の半数は老老介護をしているといわれています。

認認介護

認認介護は老老介護の一種です。
認知症の要介護者を認知症の人が介護している状況を指します。

認知症は介護を必要とするものであり、高齢の要介護者の多くは認知症を患っているものです。
そのため老老介護をしている家庭が次第に認認介護へと移行していくケースは多くあります。
中には介護をしている人に認知症の自覚症状がないまま介護をしているケースも少なくないです。

老老介護や認認介護の問題点

介護を必要としている人の状況によっても違いますが、多くの場合高齢になるほど介護では体の不自由が増え介助が必要な場面が増えます。
介護に従事している人たちも腰痛に悩んでいる人が多く、それだけ負担のかかることを高齢者が行うことはかなり大変です。
また、介護は長く続くために精神的な負担も多くストレスも溜まりやすいですし、周囲から孤立している家庭は認認介護へと移行しやすいとも言われています。

認認介護となると問題になるのが必要な介助をきちんと行えなくなることが増える点です。
特に認知症になると食欲が低下しやすいですし食事をしたかどうかを忘れることも多くあり、気付かないうちに低栄養状態になり体調を崩すケースもあります。
また、金銭の管理や火の元の管理も怠ることも多く、事件や事故に巻き込まれることも少なくないです。

老老介護や認認介護への対策

老老介護や認認介護の状況に陥りそうな場合には必ず周囲への相談をすることから始めます。
子供や兄弟、親族といった人たちに頼れる場合には頼るべきです。
遠方に住んでいたり事情があったりして頼ることが難しい場合には行政のサービスを利用して必ずほかの人たちが介入する場面を作る必要があります。

また、予防のためにも体調管理、健康管理はきちんと行い健康寿命を延ばすことも大切です。
介護が必要になっても介護度が低いうちは運動をすることによって寝たきりが回避できますし、地域の交流に参加すれば脳が活性化して認知症予防にもなります。

Sidebar