家族介護

家族介護~来るべき日と孝行~


介護のコツ

チームで行なう

誰か家族で介護が必要な方がいると、起床から就寝まで、食事に排泄、入浴や移動などと、世話をしないといけないことは増えます。
介助が必要なことも増えて、普段の家事に洗濯や掃除なども加わります。

これらを全部1人で行なうのは大変な苦労を伴いますので、介護保険などを使用し公的サービスを受ける、家族や親族で協力して介護を行なっていくということが大切です。
実際に1人で介護を行なうとなると、生活のための仕事はしないとならず、帰ると介護が待っており、体が休まる暇がありません。
最後には介護疲れや介護ノイローゼになり、家族心中など悲しい結果になるケースもあります。

介護はいつまで行なえばよいという期限はなく、その人が生きている間必要なので、出来るだけ役割分担しましょう。
その中で利用できる公的サービスがあれば、自分で調べたり家族に調べてもらい手続きを行ない、サービスを利用しましょう。

また時には家族や親族のみならず、プロの手を借りるのも介護の負担を減らす方法です。
ケアマネジャーや主治医がいれば、相談しなにか負担を減らせるような方法はないか探ってみましょう。
普段から家族が介護に対する考えを相談することで、気持ちが軽くなることもあります。
自治体には地域包括センターがありますので、そこで相談を行なうのも良いです。

特に気をつけないとならないのは、介護の苦労やストレスを1人で溜め込むことです。
それはストレスが溜まり気持ちが落ち込んでいくだけなので、家族やケアマネジャー、自治体の人など、相談できる人には遠慮せずに相談しましょう。
高齢者を介護している人は世の中に沢山いますので、何も珍し事ではなく、相談も遠慮せずどんどん行なえば良いのです。

自分の時間も作る

やはり介護をするとなると、家にいる間終始介護で、自分のプライベートの時間も取れないとなると、次第に心も体も疲弊してきます。
完璧に介護しようとするのではなく、考え方としては長く負担少なく行なうと言うことです。
介護保険などの制度を利用して、ケアマネジャーや地域のサービスを受けながら、自分の出来る範囲で介護をします。

時間の空いているときは音楽を聴いたり雑誌を読む、少し時間が出来たなら買い物や食事に行ったり、また余裕があれば稽古を受けるなど、自分の時間を取るようにしましょう。
それが一時的に介護から解放されることとなり、また気分転換にもなります。
またまとまった時間が取りにくいなら、洗濯物を取るときにコーヒーを入れて一息つくなど、日常の介護の中で時間を見つけて上手く行なうと良いです。
介護となるとどうしても介護のために、自分の時間まで削って行なうという場合も多いですが、自分のための時間をその中で見つけて確保するのが、介護を長続きさせるコツです。

Comments are closed.