家族介護

家族介護~来るべき日と孝行~


認知症予防につながるアロマとは?

アロマが認知症に効果的な理由

認知症を発症すると、まずは海馬がダメージを受けて、これによって記憶することが困難となり、物忘れの症状を見せます。
近年の研究では海馬に直結している嗅神経の嗅覚を司る神経が最初にダメージを受けることがわかってきています。
嗅神経のダメージが次第に海馬にも伝わり、記憶機能を破壊して、脳全体の機能を低下させていきます。
これが認知症のメカニズムであり、嗅神経のダメージを防げれば、予防や改善は出来るのです。

このメカニズムに着目し、嗅神経を刺激すれば、認知症を改善できるのではないかと考えた医師がおり、実際にアロマを用いて実験を行ないました。
実験結果では、集中力が増す、気持ちが高揚する、安眠効果が高まる、リラックス効果が得られるなどの効果が見られ、アロマの種類によっても効果は違いました。
また記憶力の向上も確認でき、確かにアロマは認知症に効果的だったのです。

心地よい香りが、脳みそを刺激して記憶を引き出す、リラックスできる、悲しみを和らげるなどの心理的な効果も期待できます。
これを認知症の方に記憶完全と共に効果を相乗すると、より認知症の方に良いのです。

アロマの使い方

まずはアロマを使うときは、製油になっているエッセンシャルを使います。
エッセンシャルとはアロマの原材料の植物から抽出された100%のオイルのことです。
中には香料を加えて香りや、着色料で色を付けるような製品もありますが、使う場合は添加物無しのエッセンシャルを使いましょう。
香料などの化学成分は、認知症の方に記憶改善の効果はありませんので、天然成分のエッセンシャルを使うようにします。

無添加かどうかを確認するには、そのエッセンシャルの製品のラベルを見ると良く、ラベルに原材料が書かれています。
使用するときは、使いすぎると匂いが強くなりすぎて逆効果となり、頭痛や吐き気を催します。
また使用したときに服などに付着した場合は、着替えて付着部分を洗いましょう。

人は1日でも交感神経と副交感神経が働きますので、昼と夜では使うアロマを分けるべきです。
9時から11時頃までは「ローズマリー・カンファー」と「レモン」を組み合わせて使います。
午前中は2時間以上香りを嗅ぐようにして、アロマペンダントを首に下げておくと良いです。

夜は眠る1時間前から使用し、「ラベンダー」と「オレンジ・スィート」の香りを使います。
寝る1時間前から香りを嗅ぎ、睡眠後1時間は香りに包まれるようにすると良いです。

昼間はアロマペンダントを首に下げておき、夜はアロマディフューザーを使うと、眠った後も香りに包まれて良いです。
アロマペンダントやアロマディフューザーは売っていますので、製品を買って使うと便利です。

Comments are closed.